本文へ
文字サイズ
拡大
縮小
色の変更
標準
1
2
3
  • トップ
  • 組織から探す
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign language
  • 暮らし・安心
    • 防災・国民保護
    • 救急・消防
    • 安全・安心・相談
    • 届出・証明書
    • 市税
    • 保険・年金
    • ごみ・リサイクル・衛生
    • 住まい・生活環境
    • 雇用・労働
    • 市民活動・ボランティア・人権
    • 選挙
    • 公共交通・市営駐車場
    • 火葬場・墓地
  • 子育て・教育
    • 母子の健康
    • 子育て支援
    • 保育園・幼稚園
    • 小中学校
    • 手当・助成
    • ひとり親家庭支援
    • 教育・健全育成
    • うべきっず
  • 健康・福祉
    • 成人の健康
    • 医療
    • 健康保険
    • 障害者福祉
    • 高齢者福祉
    • 介護保険
    • その他の福祉
  • 教養・イベント
    • 歴史・文化財
    • 彫刻とうべ
    • 宇部市立図書館
    • 宇部志立市民大学
    • 社会教育・生涯学習
    • 祭り・催し
    • 文化・芸術
    • スポーツ・レクレーション
    • レノファ山口FCを応援しよう!
    • 第26回UBEビエンナーレ×まちじゅうアートフェスタ2015
    • 宇部市・宇部市教育委員会後援申請
    • ときわ公園公式サイト
    • ときわ動物園公式サイト
    • ときわミュージアム公式サイト
  • まちづくり・ビジネス
    • うべで暮らしませんか
    • 本庁舎建設への取組
    • 環境保全
    • 都市計画・景観・緑化
    • 建築・開発・土地
    • 道路・河川
    • 上下水道
    • 産業
    • うべ元気ブランド
    • 中山間地域づくり
    • 募集・入札・契約
  • 市の紹介・市政
    • 宇部市の紹介
    • 遊びに来ませんか うべ
    • 市長室
    • 市議会
    • 行政視察受け入れのご案内
    • 計画・施策
    • 財政
    • 統計
    • 情報公開
    • 広報・広聴
    • 職員募集・人事・給与
    • 監査
    • 合併
    • 市役所のご案内
    • 宇部市条例規程類集

ここから本文です。

更新日:2017年1月16日

平成28年度文化学部の講義

平成28年度に開講された、文化学部の各講義の実績です。

平成28年12月10日(土曜日)

「文化によるまちづくりを考える ~グループ討議~」 13時30分~

講師

(あいさつ)宇部志立市民大学副学長 末次 宜正

場所

宇部市文化会館 2階 研修ホール

講義内容

  • 発表会

文化学部1301

文化振興ビジョン改訂をふまえ、『人と地域がきらめく 文化の薫るまち』が、実現している状況」やその状態を目指すため、平成33年(2021年)までの5年間に取り組むことについて、「市民」、「地域・団体」、「企業」、「行政」の4つの取組主体別にグループ討議を行い、班ごとに発表しました。

平成28年11月19日(土曜日)

「文化によるまちづくりを考える ~グループ討議~」 13時30分~16時40分

講師

文化・スポーツ振興課職員対応

場所

シルバーふれあいセンター

講義内容

  • グループ討議

文化学部1201

班ごとに、7月30日のワークショップで考えた課題について、その解決策などを討議し、提言としてまとめました。

平成28年11月5日(土曜日)

「アートのあるまちづくり 文化ボランティアと市民参加」 13時30分~15時00分

講師

公益社団法人 全国公立文化施設協会アドバイザー 柴田 英杞 氏

場所

男女共同参画センター・フォーユー

講義内容

  • 国の文化政策の動向について
  • 文化GDPについて
  • 文化ボランティア・市民参加について
  • アートのあるまちづくりを進めるために

文化学部1101

文化ボランティアや市民参加が担う役割・重要性など、具体的事例を交えながら、「アートのあるまちづくり」について学習しました。

平成28年10月8日(土曜日)

「彫刻のまち宇部1」 13時30分~14時40分

講師

緑と花と彫刻の博物館管理課 学芸員 山本容資 氏

場所

ときわ湖水ホール

講義内容

  • UBEビエンナーレの歴史
  • 彫刻作品の紹介
  • 第27回UBEビエンナーレ応募作品展見学

文化学部1001

学芸員による解説を交えながら、応募作品展を見学しました。

「彫刻のまち宇部2」 14時50分~17時00分

講師

緑と花と彫刻の博物館管理課 学芸員 山本容資 氏

場所

ときわ湖水ホール

講義内容

  • ワークショップ ~光の彫刻を作る~

文化学部1002

照明付きのガラス瓶に、色や模様がついたシールを用いて影を作り、光の彫刻を楽しみました。

平成28年9月10日(土曜日)

「川崎美術館へ行こう ~見て・きいて・描いて~1」 13時30分~15時00分

講師

川崎美術館 学芸員 丸尾 いと 氏

場所

川崎美術館

講義内容

  • どのような作品を、どういったサイクルで展示しているか。
  • 作品のジャンルや作家の属性について
  • 展覧会の企画・運営について

文化学部0801

所狭しと飾られた日本画、洋画、軸もの作品を、学芸員による、作家・作品の特徴などの解説を聞きながら鑑賞しました。

「川崎美術館へ行こう ~見て・きいて・描いて~2」 15時10分~16時40分

講師

川崎美術館 学芸員 丸尾 いと 氏  田中 今子 氏

場所

まちなか市民☆きらめきギャラリー

講義内容

  • 画材の違いについて(キャンパスボード、画用紙、和紙による違い)
  • 絵具の違いについて(水彩絵具、アクリル絵具、岩絵具による違い)

文化学部0901

画材や絵具の違いによる、色の濃淡、筆の感触、混色状態を確認した後、川崎美術館展示作品を模した「塗り絵」を作製しました。

平成28年7月30日(土曜日)

「宇部市のまちづくり」 13時30分~14時10分

講師

宇部市文化・スポーツ振興課 文化振興係長 酒井 恵一

場所

宇部市文化会館 研修ホール

講義内容

  • 文化の振興と文化によるまちづくり
    1. 文化によるまちづくりとは
    2. 宇部市独自の文化と歴史
    3. 宇部市の文化資源
    4. 文化振興のための計画
    5. 文化振興ビジョンの改訂

文化学部0601

戦後、「世界一煤塵の降るまち」と呼ばれていた宇部市が「緑と花と彫刻のまち宇部」へと変わっていった歴史、今に残る文化資源、文化振興ビジョン改訂等について説明が行われました。

「宇部の未来を考える ~文化振興ビジョンワークショップ~」 14時20分~16時40分

講師

宇部市文化・スポーツ振興課職員対応

場所

宇部市文化会館 研修ホール

講義内容

  • グループ討議

文化学部0701 

文化学部0702

文化振興ビジョン改訂をふまえ、『人と地域がきらめく 文化の薫るまち』が、実現している状況」やその状態を目指すため、平成33年(2021年)までの5年間に取り組むことについて、グループ討議を行い、班ごとに発表しました。

平成28年7月9日(土曜日)

「赤間硯と琴の郷を訪ねて1」 13時30分~15時

講師

学びの森くすのき学芸員、たましげ琴製作所

場所

学びの森くすのき、たましげ琴製作所

講義内容

  • 【学びの森くすのき】博物館の常設展示見学
  • 【たましげ琴製作所】琴の由来・歴史や制作過程、特徴について 

文化学部0401

古代、中近世、幕末・明治、近現代の宇部について、時代ごとに学びました。

文化学部0402

工房内で、製作段階の琴を見ながら、それぞれの違いや特徴について学びました。

「赤間硯と琴の郷を訪ねて2」 15時25分~16時45分

講師

山口県赤間硯生産協同組合

場所

赤間硯工房

講義内容

  • 赤間硯の歴史について
  • 赤間硯の制作について
  • 工房の見学
  • 赤間硯作品の見学

文化学部0501

工房内で、赤間硯の原石や道具を示されながら、赤間硯の由来や採石に伴う危険について、また、石の特徴や道具の使い方などを説明されました。

平成28年6月25日(土曜日)

「建築家 村野藤吾の足跡」 13時30分~16時20分

講師

宇部市ふるさとコンパニオンの会 牧野 一彦 氏

場所

ANAクラウンプラザホテル宇部、渡辺翁記念会館、ヒストリア宇部

講義内容

  • 村野藤吾建築の特徴について

文化学部0301

村野藤吾建築の特徴である、らせん階段や、弧を描いた曲線美など、説明・見学を交えて学びました。

平成28年6月11日(土曜日)

「地域の文化資源を活かそう」 13時30分~15時

講師

山口県立大学国際文化学部  准教授 倉田 研治 氏

場所

男女共同参画センター・フォーユー 第1・2講習室

講義内容

  • GIS、オープンデータについて
  • 防府市との共同研究「防府市における景観資源の整理と活用」について
  • 制作事例「山口市吉敷地区の“水なし川”」民話について
  • GISの社会福祉分野での活用について など

文化学部0201

地域資源を活用した、地域を楽しむ仕組みづくり、アイデアを形にしたコンテンツづくりの重要性について、事例を交えて学びました。

平成28年5月21日(土曜日)

「アートによるまちづくり」 13時30分~15時20分

講師

帝塚山大学名誉教授 中川 幾郎 氏

場所

男女共同参画センター・フォーユー 第1・2講習室

講義内容

  • 前時代的な「地方文化振興行政」からの脱皮について
  • 自治体文化政策の意義について
  • 市民文化政策について

文化学部0101

自治体文化政策として行うべき「アートによるまちづくり」について、幅広い視点からの多種多様な事例を交えて学びました。

お問い合わせ

組織名称:総合政策部 政策企画課 政策推進係

所在地:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8113

ファックス番号:0836-22-6008